これまでも、クロードでリフォームをさせて頂いてきたOさんのお住まい。お子さんが独立されて夫婦二人の生活の為の住まい方を考え、”70歳になったら”と考えていたリフォームをご依頼いただきました。昔ながらの和風住宅を、部分的に洋風に改装しながらも、大事に丁寧に使われて来たご夫妻ですが、畳に仏壇のある襖で仕切られた居間は、床座が前提。椅子の生活にして、体の負担を減らして行きたいとのご要望でした。

こんにちは(笑)。改めまして、この度は取材をお引き受け頂き、ありがとうございました。リフォームを終えてみて、ご感想など、お伺いさせて頂けたらと存じます。ご主人からお伺いできますか?

ご主人:

こんなに

奥さま:

こんなに

本好きのご主人の、廊下本棚。本が犇めき合う様子は本棚冥利。

この度のリフォームで、気に入っている場所やポイントなどあれば、お伺いさせてください。次は奥様からお伺いさせて下さい。また、リフォームは希望が形になっていく喜びもありますが、住まいながらの工事はご負担もあったのではと思いますが、その点もいかがでしょう。

奥さま:

最後のリフォームは

ご主人:

どうせリフォームするなら

最近は奥様も、何気なく本を手に取る機会が増えたそう。

ご主人:

社長が

奥さま:

監督が

総じて